プロフィール

代表挨拶

 

行政書士/社会福祉士/2級FP技能士 衣川 剛史

事務所のホームページをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

私は、1971年埼玉県北葛飾郡幸手町(当時)において、サラリーマンの父と専業主婦(のちに演歌歌手)の母との間に、3人兄弟の2番目として生まれました。
幼少の頃より野球に熱中し、中学(幸手中)、高校(春日部東高)、大学(順天堂大)まで続けて参りました。
ポジションは主にセカンドやショート、打順は2番や9番を打つことが多く、いつも「繋ぎ」の役割を担っていました

大学卒業後は、JAや病院、地域包括支援センターに勤務してきました
JAでは自動車保険の査定担当や貯金・生命保険の渉外担当、病院では医療相談室のソーシャルワーカー、地域包括支援センターでは社会福祉士をしていました。
こちらでもやはり「顧客」と「組織や制度」のパイプ役として「繋ぎ」の役割を担ってきました。
仕事柄、高齢者との接点が多く、認知症や統合失調症をお持ちの方の支援等、普通の仕事では体験できないようなことも沢山体験させてもらい、人間的な幅も広がりました
福祉の現場では実に様々な人を見てきましたが、共通して言えることは、「老いに対して何も準備していない」ということでした
いざ介護が必要になった段階で考え始めるので、いいケースワーカーやケアマネージャーに巡り合うか、親族が一生懸命支援してくれるかの条件がなければ、往々にして介護が上手くいかないという現実でした

いま日本は、世界に類を見ないスピードで高齢化が進んでいます。
介護保険制度や成年後見制度など制度設計は素晴らしいのですが、残念ながら自動的に使える訳ではありません。
せっかくよい制度がありながら、うまく繋がらずに不本意な晩年を送る人も少なくありません
制度を上手く活用するためには「的確な情報収集」と「信頼できる支援者」が必要です。
情報収集が苦にならない、あるいは身近に面倒を見てくれる人がいるのなら別ですが、そうでない人はどうしたらよいのか?
2015年の国勢調査では、高齢男性の7人に1人、高齢女性の5人に1人が一人暮しとの結果が出ています。
今後も増加していく見込みです。

私は行政手続き・生活法務・社会福祉の専門家として、そうした人達と各制度との「繋ぎ役」「メンター」を担い、最期まで自分らしく生きるためのサポートをしたいと考えています

埼玉県行政書士会春日部支部 所属
登録番号 第19130124号
一般財団法人コスモス成年後見サポートセンター埼玉支部会員
特定非営利活動法人くらしの相談室会員

 


事務所概要

 


この仕事に対する思い

~言行一致
私は、子供の頃から「言っている事とやっている事が違うのは恥ずべきこと」という意識を持ち続けています。
しかし、社会に出ると様々なジレンマにぶち当たります。
顧客の利益と組織の事情、どちらを優先すべきかという点です。
すべてがそうではありませんが、例えば、保険の販売では、保障額の高い掛け捨て部分を多くした契約を取ることを求められ、病院では、速やかに転院先や入所先を探しベッドの回転率を上げる事を求められ、福祉相談職では、至急何か介護サービスに結び付けることが求められます。
物事にはタイミングがあるのに…です。
物理的に、あるいは身体状況や経済状況を勘案して他に選択肢がない場合は仕方ないとして、潜在的なミスマッチもあったのではないかと思います。
また、部署の空気や上司の気分で支援方針が変わり、現状とズレが生じる事もあります。
サラリーマン的には組織の事情を優先した方が高い評価を得られることは間違いありませんが、本当にそれでよかったのか自問自答することにもなります。
私が各種契約による高齢者支援の仕事を選んだ理由は、顧客の「自分はこうしたい」を後押しするために、組織の事情に振り回されずに行動出来るからです。
行政書士の主な業務は「役所に提出する書類」や「権利義務・事実証明に関する書類」を作成する事です
しかしこれはあくまで「手段」であって、「目的」は顧客が抱えている問題を解決し、心の平安を取り戻す事にあると思っています。
特に高齢者支援においては、ただ頼まれた書類を作ればよいということではなく、ソーシャルワーク(相談援助技術)を土台に信頼関係を構築し、十分にアセスメント(情報収集と分析)を行ったうえで、適宜解決策を提案していくべきだと考えています